ねずみ駆除はお手軽設置の燻煙で済ませる

ねずみ駆除には死骸を見ることなく、追い出して解決させる方法があることをご存知でしょうか。

市販されている専用の燻煙を利用するもので、ただ煙が出るのではなく苦手なハーブも一緒に入っていることで、強力な臭いが相乗効果となって力を発揮します。燻煙を使う前に、部屋の中にあるものを移動したりカバーをかける対応が必要です。ペットは別な部屋に連れていき、観葉植物なども移動させます。インテリアなども、カバーをかけたりした方がより良いです。

水槽や金魚鉢などにも煙が入らないように注意が必要です。天井裏に設置するときには近くに余計なものを置かないようにし、室内に煙が入らないよう隙間があればガムテープなどで目張りをしましょう。煙で反応する火災報知器がある家は、ビニールでカバーをするか燻煙が終わるまで一度切っておく必要があります。パソコンやテレビ、ゲーム機など別室に移動させた方が良いです。カバーをかけても良いですが、少しも煙の侵入がないようにする必要があります。ねずみ駆除の燻煙は正しい使い方をしないと、あまり煙が出ないで終わってしまうことがあります。ふたを開けてすぐに設置せず、時間がたってしまった場合などです。水を入れた薬剤を設置したら2分程度経ったのち煙が出始めるので、人も別な部屋に避難しておきます。

メーカーにもよりますが約2時間はそのまま放置し、時間が経ったらすぐに窓を開けて換気を行います。薬剤を触ってしまったり、煙を直接吸い込んだりしない限り、使用した後の部屋のものを触ったりしても大丈夫ですが、気になる人は家具などを一度拭いた方が良いです。アレルギーがある人は、特に注意しましょう。カーペットなどのダニにも効いている場合がありますから、掃除機をかけたほうが良いです。ねずみ駆除の燻煙は頻繁に使っていると臭いになれて効果が薄まることがあるので、たまに利用するのがコツです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です