都内の飲食店でも、ねずみの駆除対策は必須です

ねずみの駆除対策が必要なのは、いわゆる郊外に暮らす家庭だけではありません。

最近では首都圏でもねずみが多く生息し始めています。一見すると害獣が生息しているようには見えない都会の地域にも、ねずみは潜んでいます。飲食店から出る残飯と僅かな水たまりの水、その2点さえ揃っていれば、文字通りどこにでも生息します。実際に都心部の駅前周辺にあります植え込みに、大量の害獣が巣作りをしています。

飲食店がひしめき合う都心部では常に残飯が大量に出るため、むしろ害獣にとっては、ある意味で郊外の地域や野山よりも暮らしやすい場所になります。飲食店の店内、バックヤードなどに害獣が侵入する事例も近年相次いでいます。ねずみは他の害獣に比べて、身体が小さいです。そのため、ほんの僅かな隙間があるだけで、建物に入り込んできます。飲食店を営んでいる方にとってねずみの被害は深刻です。備蓄していたスパイスやパン類が食べられてしまえば、深刻な被害に繋がります。

ただパンを齧られるだけなら、まだマシですが、害獣の体毛には複数の異物が付着しており、ウイルスや花粉や危険な化学物質がもれなく齧られたパンやスパイス等に付着し、その周辺一帯の食材がダメになります。もしバックヤードや店舗周辺で害獣の姿を見かけたら、近いうちに駆除業者に相談しましょう。都内にも複数の駆除業者があり、連絡を入れれば迅速に店舗へと駆けつけてくれます。危険な薬品を使わない安全安心な害獣駆除のサービスがありますので、それなら飲食店でも頼めます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *