ねずみは怖い害獣で、駆除の必要性があります

ねずみの糞尿はかなりの悪臭を放ちます。

人家に住み着いた害獣は、そこらじゅうで糞をしたり尿をします。悪臭が自宅の床下や押入れや屋根裏に染み付いたら大変です。最近では郊外の地域でも、野山が開発されています。今までは野山で暮らしていた野ねずみが、餌を求めて人家に訪れてきています。特に害獣被害に遭遇した経験が無い地域でも、これからは要注意です。

イノシシやアライグマやゴキブリ、こういった害獣も恐ろしい存在ですが、ねずみもまた病原菌や糞尿の被害が発生するため、同じく対策と駆除が要ります。ただ、身体の小さい害獣とは相手は攻撃性が強い野生動物です。安易に手で掴もうとしたら、噛み付かれる等の被害を受けます。ただ傷が出来るだけではありません。野生の害獣の口や毛には病原菌や糞尿がびっちりと付いています。傷口からそういった物が人の手足に入り込むと、感染症になる恐れが出てきます。害獣駆除は専門家に依頼するのが一番安心です。駆除業者はどの街にも基本的に複数置かれています。

依頼先によって、値段はピンきりですので、お安く駆除を進めたい方は色々な専門業者を比較検討しましょう。見積りだけなら、原則タダです。そのため、二つから三つ程の専門業者に見積りを依頼しましょう。具体的な駆除費用を知った上で、それぞれを比較検討すれば、最もコストパフォーマンスに優れた専門業者が分かります。またサービスの範囲が専門業者によって微妙に異なりますので、その面で比べてみるのも良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *