農家がねずみ駆除をする場合は何をしますか

例えば田んぼを所有している際は、収穫時期になると稲に嚙みつかれてしまうことがあります。

その対策として、農家は彼岸花を田んぼの周囲に生えさせます。彼岸花にはねずみにとって有害な物が含まれているため、ねずみが嚙むと駆除につながる効果が期待できます。花が咲く時期は丁度米の収穫時期にあたるため、農家にとっては有益な花と言えます。ビニールハウスの外にねずみが発生した際は、糞の大きさでどんなタイプなのかを調べます。

大きいサイズの場合は、一般の駆除用の罠では対処できないため、カゴのような大きさの罠を設置して様子を見ます。罠の中には誘き寄せるための餌としてチーズを入れます。すぐには効果が出ないので、できる限り気配を感じさせないようにして様子を見ます。罠にかかると、罠の中で暴れている音が聞こえて来るのですぐにわかります。年配の方が捕えた時はそのまま処分できますが、経験が浅い農家の人が捕えた際は処分できない場合がほとんどです。処分できない場合は、軽トラックの荷台に罠を積み込みどこか遠くの山中に放します。

農家が普段から使っている倉庫にねずみが発生した際は、収穫時期にあたる時期なので、早急に駆除を行います。大量に発生していた時は、粘着型の罠を周囲に沢山設置して、その罠の中央付近に小さいチーズの切れ端を置きます。早ければその日の晩に数匹とれますが、まだまだいるのでそのまま放置します。2週間ほど過ぎれば、罠の上に沢山のねずみが張り付いているので、それを市の指定するゴミ袋に入れて処理します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *