鼠駆除方法、死骸を見たくない方用

鼠駆除には殺鼠剤を使用する方法と、粘着シートを使用する方法があります。

より成果をあげたい場合は併用するとよいですが、粘着シートにかかった鼠の処分はちょっとという方には殺鼠剤を使用する方法が良いでしょう。家で被害が出るのは主にドブネズミかクマネズミの仕業と考えられます。ドブネズミは大型で外から入ってきますが、クマネズミは中型で家の中に巣を作って繁殖してしまうので厄介です。殺鼠剤は遅効性のものをお薦めします。鼠は貯食と言って巣に食べ物を持ち帰る習性があるため徐々効果が出て、仲間にも警戒心を与えずに済みますし、また仲間にも効きますので、連続して継続的に食べさせる事が大切です。

殺鼠剤がなくなったら食べなくなるまで与え続けます。鼠は非常に警戒心が強いため鼠駆除は大変ですが、根気よく殺鼠剤を置き続けましょう。設置して1週間くらいは警戒して手を出さない事もありますし、貯食してあるものがあればそちらを食べますので我慢のしどころです。被害にあった食べ物やオイルなど殺鼠剤にかけておくのも鼠駆除のコツです。そして殺鼠剤よりもおいしいものを出しておかないという事も大切です。ごみ箱には蓋をして食べ物は冷蔵庫などにしまってしまいましょう。ラットサインという物があります。

鼠の体の汚れが壁伝いについていたり、糞や尿がされている場所です。そうゆう場所は通り道になっている可能性がありますので、被害にあった場所以外にも複数個所設置しましょう。また、天井で暴れている個体は、運動場として使用している可能性が高いのでそこでは捕食しません。それに対しては貯食という習性を利用して投げ込みの殺鼠剤を使用しましょう。持ち帰って食べる場合もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *