イタチ被害の実態と適切なイタチ駆除

近年、害獣による被害が増加傾向にあります。

害獣というのは、人間の生活に害をもたらす動物のことを指しますが、田畑の農作物を食い荒らしたり飼っているペットに危害を加えるなどの被害が報告されています。それだけではなく、家屋の中にも侵入し、家屋への被害ももたらします。中でも、イタチによる被害が相次いでいます。イタチが家屋に侵入すると、次のような被害がもたらされます。・天井裏を駆け回るなどの騒音被害・糞や尿による悪臭や汚染・感染症やアレルギーの発症イタチは、体長30cmほどですがスマートな体の持ち主のために小さな穴があればそこから家屋に侵入してしまいます。

家屋に侵入したイタチは屋根裏などで生活を始めますが、基本的には夜行性のために深夜に活発に活動します。人間は寝静まっている時間帯なので、その騒音により睡眠を妨げられてしまいます。また、屋根裏に排泄物が溜まっていくので悪臭の原因になったり、シミや汚染、さらには感染症やアレルギーの被害も起こります。これらの被害を防ぐためには適切な対応が大切です。

ところが、侵入したイタチを個人が勝手に捕獲したり駆除したりすることは、法律で認められておりません。せいぜい音や煙で驚かすというあたりが個人でできる対応です。それでは、またいつイタチ被害に遭うとも分かりません。そうならないためにも、専門の業者でイタチ駆除を行うことが最善です。イタチ駆除業者はイタチの好まない環境を熟知しているため、適切なイタチ駆除を行い再びの被害を防ぎます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *