自分でできるネズミ駆除の方法

ネズミは穀物や蚕を食い荒らす害獣として古くから人々を悩ませてきた存在で、様々なやり方で駆除も行われてきました。現在ネズミ駆除を行う場合、その方法は業者に依頼するか自分で行うかの2種類に大別できます。自分でできるネズミ駆除の方法の一つが、ネズミを家の中に侵入させないことです。ネズミは体が小さいため、換気口などの小さな隙間からでも容易に家の中に入ってきます。

ネズミの侵入経路となりそうな場所に、ネズミの体よりも網目が細かい金網などを張っておくことで侵入を防げます。昔は農家などで栗のイガを置いてネズミの侵入を阻止していましたが、現在ではそれを模した金属のトゲのついた忌避具が売られています。また、ネズミが嫌がるような成分を含んだスプレーなども市販されています。既に家の中に入ってきてしまったネズミを駆除する方法としては、俗にネズミ捕りと呼ばれる仕掛けの設置が挙げられます。

ネズミ捕りは粘着板と籠状の捕獲器の2種類に大別できます。粘着板には防水のものも存在するため、排水溝周りなどに設置することも可能です。毒入りのエサを置くというのもネズミ駆除に有用な方法の一つです。ただし、ペットが誤って食べてしまったり、子どもが口にしてしまわないように設置場所には気をつける必要があります。

猫を飼育するというのも昔から行われてきた代表的なネズミ駆除の方法です。一匹でも猫がいるだけで、ネズミはその家に寄り付きにくくなります。超音波でねずみ駆除のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *