ネズミの効果的な害獣駆除の方法

害獣駆除の対象になるネズミはクマネズミ、ドブネズミ、ハツカネズミがいます。侵入されて繁殖する前に事前に対策をとる事が必要です。まずはネズミが住みづらい環境を作りましょう。生ゴミは放置せず、蓋の付いているゴミ箱に捨てる、食べた物を出しっぱなしにせず保存容器や冷蔵庫にしまう、ネズミが巣作りに使う材料はなるべく捨てるか、収納ボックスに入れる(ネズミはタオルや新聞紙、割りばしや段ボール等で巣を作ります)次にネズミが嫌がる匂いがする忌避剤を置くのも侵入防止に効果的です。

これは場所に合った匂いがあるので、使用の前にはよく選んでから置きましょう。ネズミの侵入口になりやすい場所は、屋根の下の通気孔、壁に空いている穴、戸袋の隙間、換気扇の隙間、屋根のひさしの隙間等があります。追い出しや害獣駆除が終了したら、パテや金網等で塞いでおくといいでしょう。残念ながらネズミに侵入されてしまったら、殺鼠剤や、粘着シートの罠を設置してみましょう。

粘着シートで駆除をするコツは、隙間なくびっしりと敷き詰める事です。ネズミは警戒心が強く、学習能力も高いので、罠を回避した後はその通り道は使わなくなります。殺鼠剤を使う場合はネズミが餌を食べるまで少し時間がかかります。殺鼠剤を使う場合には殺鼠剤入りの餌よりも美味しい食物を側に置かないようにしましょう。

クマネズミ、スーパーラット化しているクマネズミの場合は自力での追い出しや駆除は困難になりますので、害獣駆除業者に依頼した方が確実です。超音波でカラス対策のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *