害獣駆除、早い対応が必要です

害獣というとどんな動物を思い浮かべるでしょうか。主なものは、ドブネズミ、ハクビシン、アライグマ、コウモリです。ではこの動物たちはどうして民家に入り込んできたのでしょう。開発と市街化が進み、本来動物たちが住んでいた山等から追われ市街地に生息範囲を広げた結果、ねぐらとして選んだのが屋根裏だったという事なのです。

害獣の侵入に気付くきっかけは様々です。臭い、天井裏から聞こえる足音、ネズミが配線を齧った事による突然の停電などがあります。ペットを飼育していないのに動物の臭いがした場合、放っておかずにすぐに対策をとりましょう。もしも対策が遅れると動物たちは屋根裏で繁殖し糞尿がやがて天井のしみという形で現れてきます。

糞尿は人間に有害な病原体や寄生虫が含まれている可能性もあります。それだけでなく、天井材を腐らせ、最悪部屋にそれが落ちてくることになります。ですから、早い対応が必要なのです。では、害獣駆除というのはどのように行うのでしょうか。

一般的には専門化にお願いすると言う事となります。基本はまず害獣を追い出し、次に進入経路をふさぎ、また新たに害獣が入ってこない対策をとります。そして、害獣と共に持ち込まれていると考えられるノミやダニの駆除も行います。最後に消臭、殺菌処理、糞尿で痛んだ部分の防腐処理、状態によっては修理も必要です。

このように、害獣駆除とは単に駆除だけではありません。害獣駆除業者だけでなく、場合によっては工務店にお願いし、家屋の修理をしてもらわなければいけないのです。一度入り込んでしまうと非常にやっかいなのが害獣です。今、害獣被害に合っていなくても予防は大切です。

進入経路になりうる隙間を塞ぐ、住宅周りに害獣が住み着かないように餌となるものを置かない(ごみを放置しない)事を気を付けましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *