ハクビシンによる被害害獣駆除のススメ

近年、ハクビシンによる被害が多発しています。ハクビシン。皆さんはハクビシンをご存知ですか。アライグマとイタチを足して2で割ったような動物です。

鼻に白い筋があります。彼らが住宅内に侵入し、そして住み着くと大きな被害がでてしまいます。一戸建て住宅等の屋根裏にハクビシンが住みつくことがあります。彼らがただ、住まいを借りるだけならさほど問題はないのですが、ひとつ、看過できない問題が生じます。

それは彼らの糞尿です。ハクビシンは一度住み着くとそこを生活拠点とし、同じ場所に糞尿をしつづける習性があります。そのため、住宅内に謎の雨漏りや天井のシミ、カビ、衛生被害が生じます。ひどい場合は住宅の居住スペース等にこげ茶色の臭い固形物をそっとおいていく事もあります。

また一度住み着くと、何度追い払ってもまた同じ場所に戻ってきてしまうため、「駆除」を実行しない限りは糞尿の処理や消毒を何度しようとも、被害にあい続ける事態となってしまいます。ハクビシンの足裏は吸盤のような構造になっており、凹凸の無い壁も10メートル程度なら簡単に登りきってしまいます。また缶ジュースの缶の直径ほどの穴、隙間があれば、猫のようにそこから侵入してしまう柔軟性も持っています。彼らは用心深く、追い払うとすぐに逃げてしまいますが、数日後には何事もなかったかのように戻ってくる図太い神経の持ち主です。

非常に厄介です。ハクビシンの被害にあわれた方は、早急に、害獣駆除の実施をおすすめします。害獣駆除業者はタウンページ等に掲載されている他、市役所に問い合わせる事でも紹介していただけるはずです。市役所を通しても害獣駆除業者への依頼はたいてい有料になるかと思います。

駆除費用はピンからキリまであると思いますが、私の場合は10万円程度かかりました。手痛い出費です。参考までに。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *