自分で害獣駆除を行う時に使う道具や方法

自分で出来る害獣駆除や事前の対策があります。鳥獣保護法に守られている害獣もいますので、罠を仕掛けたり、撃退スプレーを吹き掛けたりと言った害獣を傷つけてしまう方法は避けた方がいいでしょう(ネズミは鳥獣保護法の対象外になっていますので、自分で駆除をしても問題ありません)本格的な害獣駆除を希望している場合は、害獣駆除業者に依頼してください。自分でも出来る方法としては、害獣が嫌う匂いで事前に追い払う忌避剤を使用する手段があります。ハクビシンは石油の匂い、ニンニクの匂いを嫌いますので、ハクビシンが侵入してきそうな通路に予め忌避剤を撒いておくと効果的です。

キツネやシカ、イノシシ等にはオオカミの尿を嫌います。通販などでもオオカミの尿の忌避剤を販売していますので、利用するのも一つの手段です。この忌避剤には蛇やカラス等にも効果がある物もありますので、追い払いたい害獣のタイプに合った忌避剤を選びましょう。次に大きな音を立てて驚かす方法があります。

缶の中に爆竹を入れて破裂させると、驚いた害獣が近寄らなくなる効果があります。この爆竹は普通の爆竹ではなく、害獣駆除専用に作られた物がありますので、そちらを使用しましょう。光を使った方法もあります。クリスマスなどに使うイルミネーションランプ等でも効果があります。

出来ればチカチカと点滅するタイプの物を使いましょう。これはイタチ等に有効な撃退方法で、手軽に行えるのがメリットと言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *