人々の生活を支える立役者「射出成形」のメリット

私たちの身の回りにあるプラスチック製品のほとんどが、射出成形という製法で作られています。射出成形とは、プラスチックなどの合成樹脂を加工する代表的な方法です。スマートフォン・パソコンといった電化製品や自動車の部品、日用雑貨、医療機器部品といった様々な製品の製造において、射出成形は欠かすことができません。この製法は部品や製品を精密に成形することができるため、後加工の必要がないという最大のメリットがあります。

さらにどんなに複雑な形にも対応できるため、一度金型を作ってしまえばその後は材料のみのコストで生産することができ、製品単価を安く抑えることが可能となるメリットも持ち合わせています。また、大量の生産性に優れている点もメリットと言えるでしょう。連続して高い品質を保った製品を形成できるため量産性の高い加工方法と言えます。射出成形には「射出成形機」と呼ばれる装置が用いられます。

この機械は材料を射出する部分と、成形する部分から構成され、金型に材料のプラスチックを溶かして流し込み高い圧力をかけて形作る構造となっています。3Dプリンターや旋盤のようにプログラムを組んで即時に製造することはできないため生産スタートまでに時間がかかりますが、大量生産が必要とされる製品の製造において右に出るものはありません。プラスチック製品の誕生によって私たちの生活は豊かに、そして便利になってきました。日常生活がプラスチック製品に支えられているといっても過言ではないでしょう。

今ではなくてはならない存在のプラスチックは、以上のようにして作られているのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です