射出成形の仕組みと、製品を作る方法について

射出成形というのは、金型を使った加工方法のひとつです。主にプラスチックなどの材料を加工するのに導入されています。まず合成樹脂(プラスチック)を加熱して溶かし、金型に送り込みます。その後冷やして固め、取りはずすという工程です。

「射出」と言われるのは液体を金型に送り込む様子が注射器に似ているからです。溶かした合成樹脂は型によってどのような形にもなるのが特徴です。「溶かす」「流す」「固める」「はずす」「仕上げる」というのが加工の流れです。射出成形では単純な形状はもちろん、複雑で多様な形の部品を大量生産することが可能です。

この技法は我々の生活を支える製品の多くに役立ち、活用されています。射出成形の機械の構造は「射出部」と「型締部」から成っています。「射出部」では合成樹脂などの材料を溶かして金型に送り込み、「型締部」では金型をセットします。具体的には材料のペレット(粒上の樹脂)をホッパーに投入すると、シリンダーの中であたためられるのが始まりです。

液状になった樹脂は「射出部」のノズルから成形部分に注入されます。樹脂が冷えて固まったら金型を開き、成形品が取り出されるという流れです。最後には仕上げ加工があり、ランナー・スプルーをカットすることで製品は完成します。近年は機械のCNC化が進み、コントローラで制御しつつ高速射出が可能となっています。

射出成形は一度で複数の製品を同時に作ることができるので、金型に樹脂を均等に注入することが重要です。そのための設計や方法、ランナーの長さなどを調整したり、多様な条件を把握して活用できることが大切になります。射出成形は物作りに不可欠な方法となっており、あらゆる分野の製品のパーツとしての役割を担っています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です