射出成形の方法の種類

射出成形とはプラスチックなどの合成樹脂を形作ることで、加熱してやわらかくなった樹脂を金型に入れて固まらせて生計をすることです。射出成形の方法にはいくつかの種類があり、最もよく使われるのはインサート成形です。インサート成形とは金型の中にあらかじめ金属のねじや端子など形作りたいものを入れてから、金型の中に溶けた樹脂を流し込みたかい圧をかけてかけて製品を作るための方法です。樹脂の絶縁性を生かして、樹脂製の電子部品や工具などを作るときに用いられます。

身近にあるスマホやテレビ、車などに使用されるプラスチック部品も射出成形で作られています。異なる色や材質のものを組み合わせて形作るときに用いられる方法は、多色や異材成形です。2色の樹脂を使って一つのものを形作るときには、2つの金型を使ってそれぞれ成形してから熱融着させる場合と、一つの金型で同時に違う種類の樹脂を入れて一緒に成形をする場合もあります。多少や異材成形ではデザイン性や機能性のある商品に仕上げたいときに用いられる射出成形です。

加飾成形またはフィルムインサート成形という方法もあり、樹脂製品に文字や木目調の柄などを入れたいときに行う射出成形で、表面に文字などを印刷したフィルムを金型に入れて置き、そこに樹脂を流し込みます。するとフィルムの文字やデザインが樹脂に転写されて成形されます。表面の光沢を消したいときにも事前にツヤが消せるフィルムを入れておくことで、ツヤがとれた樹脂が出来上がります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です