射出成形を行う方法について

主にプラスチックなどの加工する方法が、射出成形です。射出成形機は金型を用いた方法で、プラスチックなどを加熱して溶かした後に金型に送り込んで冷やすことで加工していきます。金型に入れるときの様子が、注射器で液体を送り込むところに似ているため射出成形と呼ばれています。溶かして、金型に入れ、固めて冷やして取り出し、仕上げ加工すると言う単純な方法ではありますが、その形状はシンプルなものから複雑な形状まで作れるようになっています。

連続して大量に素早く製品を作ることができるため、幅広い分野に利用されているのが特徴です。射出成形を行う機械はさまざまなものがあって、種類を用途によって使い分けることができます。一般的には金型に入れた後に加圧して冷やして固めますが、低圧で成形する方法もあります。低圧で成形することによってバリの発生や反り・変形などを防止できます。

射出成形と圧縮成形を組み合わせた成形機もあります。この方法だと出来上がる時の歪みが少ないため、光ディスクや光学レンズなどを作るのに向いています。ガスを使ったものもあります。加圧された不活性ガスを金型に注入することで、成形品内部に中空部を作れます。

他にも使用材料が熱可塑性か熱硬化性かで選んだり、駆動装置が油圧式であるか電動式であるか、油圧と電動のハイブリッドかなどでも選べます。利用する場合には、機種の特徴や使用・設定などを把握してから選ぶことが大切です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です