射出成形の原理と方法

プラスチック樹脂には、熱硬化性と熱可塑性があり、いずれも成形技術で形造られ製品化されます。その中でも、日用品や生活雑貨等の用途では、熱可塑性が一般的に使用されおり、成形方法としては射出成形が用いられているのです。この射出成形について、原理・方法の概略を説明したいと思います。射出成形機では、上下の金型をプレスで固く締め、ホッパーにペレット状の熱可塑性プラスチック樹脂を投入し、そのペレットをスクリューで加熱ゾーンに送り込んで、ドロドロに溶かします。

それを圧を加えながら金型に注入し、樹脂の温度が下がると金型に彫り込まれた形に成形されると言うものです。一般的に樹脂の種類に合わせ、高温の樹脂を徐々に冷やすために、金型側にもヒーターが仕込まれ、一定の温度に維持されています。そして徐々に冷やされて、プラスチック製品が形作られたタイミングで、金型を開いて成形品を取り出す事になります。成形品には金型内の複数個の製品型に樹脂を送り込むランナー等は付いて取り出され、これを切り落とせば、所望の製品が得られると言うのが成形の流れであり方法の概要です。

射出成形は簡単な構造なら技術力のない発展途上国でも生産可能です。しかし小物で複雑でかつ精密性が要求される場合には、金型製作と共に成形に関しても、樹脂温度の設定や送り込むスピード、さらに金型温度の設定等にノウハウが必要となります。従って、こうした精密成形品は、金型ともども日本で生産されているのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です