プラスチック製品の大量生産に向く射出成形の方法

プラスチック製品を大量生産するために使われているのが射出成形と呼ばれる方法です。同じ形状の製品を安価で大量に作りたいときに用いられている方法で、今では多くの工場で導入されています。射出成形の方法としては、大まかに言うと金型を作ってその中にプラスチックの樹脂を流し込むという流れになります。イメージとしては金属の型に小麦粉を流し込んで作るたい焼きと同じようなものです。

まず製品として作り出すための金型を用意します。金型とは文字通り金属で作られた型のことで、製品の形状がモールドされています。プラスチック樹脂を流し込むにはその注ぎ口も必要になるので、製品の目立たない位置に彫り込みます。製造中は金型を合わせて力をかけ、注ぎ口からプラスチック樹脂を流し込みます。

樹脂は熱を加えると溶けてなめらかになる性質を持っているので、その状態で高速で流し込むことで金型の隅々にまで樹脂が行き渡るようにします。一定の時間が経つと樹脂が冷えて固まるので、金型を分割して出来上がった製品を取り出せば完成です。このようにして射出成形が行われていますが、重要なのはプラスチック樹脂を金型の中に勢いよく流し込むことです。ただ注ぐだけでは全体までしっかりと行き渡りません。

空気による強い圧力をかけて、隅々にまで樹脂が行き渡るよう工夫がなされています。射出成形では金型に彫刻されたモールドの形状も重要です。完成した製品が簡単に取り外せるように、抜き出す向きを考えて引っ掛かりのないように工夫しなければなりません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です