射出成形方法とはなにか

樹脂成型の原理は、プラスチックを溶かしたあと金型などを使用して該当の形にしたのち冷やして固めることです。希望の形状や用途に合わせて適した形にすることができます。一般的に、材料は樹脂と呼ばれるプラスチックを粒上にしたものを使用します。安定して形を整えるには、温度や圧力が重要となり工程の中でゴミやホコリが入らないようにすることも大事です。

さまざまな樹脂形成の方法がありますが、なかでも射出成形方法について知っておきましょう。射出成形方法とは、原材料を加熱溶融させたあとスクリューを使って均一に材料を混ぜます。混ぜた原材料は、希望の金型内に流し込み圧力をかけていきます。その後、一定の間冷却させることで固定し成型する方法です。

完成する速度が速く複雑な形状であっても、大量に生産できるというメリットがあるため人気の方法といえるでしょう。射出成形には、主に6つの工程に分けて行われます。最初は、型締めから始まり次に射出をしたら保圧をかけて一気に冷却した後、型が固まっていたら製品の取り出しを行う流れです。一定のサイクルを繰り返し行うことで、製品を連続して生産することが可能となります。

射出する機械には、型締ユニットと射出ユニットが存在しています。型締ユニットのほうは、突き出しを利用して型を閉鎖することで直圧をかけるのです。一方、射出ユニットは樹脂を溶かしてから型へ入れます。その後、スクリューを回転することで圧をかけるのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です