現代社会に不可欠な「射出成形」という技術とは

「射出成形」とはプラスチックなどの材料を金型を使って加工する方法です。一連の工程は、まず材料であるプラスチック(合成樹脂)を加熱して溶かします。具体的にはペレットをホッパーに投入し、シリンダーの中で温めて液状にします。溶けた樹脂はノズルから金型に流し込まれ、冷やして固まったら金型を開いてはずすという流れです。

機械の構造は「射出部」と「型締部」から成っており、熱した材料を金型に送り出す様が注射器のようなので「射出」と言われています。「射出部」の役割は材料の溶かしと金型への送り込みで、「型締部」の役割は金型のセットによる成形です。型によってどのような形も作ることができ、これは現代社会において不可欠な技術となっています。つまり「射出成形」とは、溶かす・流す・固める・はずす・仕上げるという工程の物づくりです。

一度に大量生産が可能で、単純な成形物はもちろん、複雑な形状も作ることが出来ます。身の回りを見てみれば、実に様々な形状のプラスチック部品がありますが、それらはこの技術で作られています。我々の生活は「射出成形」によって支えられており、あらゆる製品のパーツとして役立てられているのが実状です。近年は技術力がさらに進み、機械のCNC化が普及しています。

これによって制御はコントローラが行い、高速射出が可能となっています。「射出成形」とは金型に溶かした樹脂を均等に流すことが重要なため、制御が確かなものであることは不可欠です。方法・設計・ランナーの長さなどを調整し、各種条件を把握して活用できる点がメリットといえます。射出成形とはのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です