射出成形の仕組みとメリットを知る

成形法にもいろいろな種類がありますが、射出成形と呼ばれる方法と呼ばれる方法もあり合成樹脂などの加工に活用されています。実際にどのように加工していくのかその仕組みも知っておきたいですが、仕組みとしては、まず加工した材料を加熱して溶かし、それを金型に送り込みます。金型に送り込んだあとは冷やすことで目的としている形状に整えていきます。プラスチックの加工では代表的な成形方法です。

射出成形という呼び名がついた理由には、注射器で液体を送り込む様子に似ているからといわれています。射出成形の仕組みとしては、まずは材料を溶かすところから始まります。材料が溶けたあとはそれを金型に流し、固めます。固めたあとは取り出して仕上げ加工が行われます。

射出成形の良いところは、複雑な形の部品も連続で大量に生産できるということがあげられます。実際の成形は射出成型機と呼ばれる機械で行われます。この機械では、材料を溶かす作業からそれを型に流し込み、固めて取り出すところまで一台で行うことができます。機械はコントローラーと射出ユニット、型締めユニットと呼ばれる3つの装置からできており、コントローラーでは成形条件を制御していきます。

射出ユニットでは材料を溶かして金型に入れていきます。さらに、型締めユニットでは金型の開閉や装着、材料の突き出しなどが行われています。様々な形状やサイズに対応することができ、素早く加工ができるので、生産性にも優れた方法です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です