身近なものを作っている射出成形とその仕組みについて

スマートホンやパソコン、自動車のパーツなど身近なもので今の私たちの生活に欠かすことのできないものは、樹脂であるプラスチックでできていることが多いです。ドライバーやはさみの握る部分、テレビや冷蔵庫や洗濯機などの家電にも、こうしたものから構成されています。ほとんどの部品は平面的ではなくて曲面加工されていますが、従来から樹脂の平らな板を熱して人が曲げた加工したパーツを組み立てる仕組みで生産を行ってきました。頻繁にモデルチェンジがなされる上に、小型化が進むスマホなどの機器では、発注元であるメーカーから複雑な形状とする要望も起こります。

従来からある生産の仕組みではこうした要求には答えることができませんでしたが、射出成形の技術がこれを解消してくれました。この射出成形では、プラスチックなどの樹脂ペレットを加熱して溶かした後に金型と呼ばれる器に高い圧力をかけて流し込んで部品を作ります。従来からある板を加熱して曲げて加工する方法ではできなかった大量生産が、この仕組みの方法では金型を作っておくだけで同一仕様のパーツを大量に作ることが可能になります。人が加工することがなくなりますので、生産は昼夜を問わずに行える強みもあります。

プラスチックなどの樹脂に加えて、金属であるマグネシウムを配合させて強度や質感をアップさせることも可能になりましたので、製品のバリエーションが広がっています。金型の製作には費用と手間がかかっていましたが、加工技術の向上によってコストダウンと短期間での製作も実現されましたので、オーダーの変更にも柔軟に追随が可能です。身近なものにはこのような射出成形の技術と仕組みが活かされて、私たちの生活に役立っているのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です