射出成形の仕組みとは

「射出成形」というキーワードだけを聞いても、限られた人にしか関係ない多くの人にとって身近ではない言葉。そのようなイメージを抱く方が多いかもしれません。しかし、射出成形がこの世から無くなってしまったら私達の日々の生活の形は大きく変貌することでしょう。これは、多くの人が持っているスマートフォンや携帯電話、パソコン、さらには自動車やテレビ、洗濯機、プリンターなどの生活に欠かせないあらゆる電化製品の中に射出成形で作られたパーツが数多く使われているためです。

そんな射出成形の仕組みは非常にシンプルです。その成形を行える装置の仕組みを簡単に説明すると、材料を射出する部分と成形する部分から一般的に構成されています。そして、その材料として一般的に使われるプラスチックを溶かした樹脂を金型という枠に流し込む「射出」の工程と高い圧力をかけて所望の形を創り出す「成形」の2つの工程を通して成形を行います。なお、金型に流し込まれた樹脂は硬化反応が起こることで流動性を失いスムーズに離型できるようになるのが一般的な仕組みです。

つまり、射出成形に際しては原料として使う材料の流動性と硬化性、供給性に着目することが必要です。また、その仕組み上金型さえ一度作ってしまえば複雑な形状であっても同じものを手間なく大量に作れる点が魅力と言えます。逆に言えば装着する金型さえ変えてしまえば小さなものから大きなものまで多種多様な製品を作ることができる技術です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です