身近なものを作っている射出成形の仕組みとは

自動車の内装部品やドライバーなどの工具の握り部、タブレットやスマートホンなどは数多くのパーツからできています。このうちプラスチックなどの樹脂でできているもののほとんどは、単純な平面ではなくて適度に湾曲した立体構造です。これまで、これらの部品の製造にはとても手間がかかり、大量に生産することが難しかったです。現在のように数多くの製品に搭載されるようになったのは、射出成形という技術なくしては語れません。

従来では、樹脂の原料から目的となるパーツを作るためには、プラスチックなどの平板を加熱して柔らかくしてから人力やプレス機にて曲げ加工をしていました。これに対して射出成形では、これまでとは全く異なる仕組みで生産を行っています。ペレットと呼ばれる樹脂の原料を加熱容器に入れて溶かした後、金型のある部分へと流し込みます。この際には、ノズルの先端から圧力をかけて溶けた樹脂が型に押し込まれるので、目的の型通りに液体が充填され、冷やすことによって普段見かけるスマホなどの部品になる仕組みになっています。

射出成形用の金型の製作は加工技術の進歩により、迅速にかつ的確になされるようになりましたので、モデルチェンジなどにも即座に対応することができ、発注者にも製造者にも好機であります。最近では原料として樹脂だけでなく、マグネシウムなどの金属も含有させることができるようになりましたので、従来からある射出成型の仕組みが幅広い分野で役に立っています。身近な機器の生産にこうした技術が、縁の下の力持ちのように貢献しています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です