切削加工を採用することにより作業効率に及ぼす影響

原材料を削って形を作り上げる切削加工はコンピュータ制御できる数値制御自動工作機械を使えるため、加工精度が高く設計後加工するまで短時間で行うことができます。ところが切削加工は原材料を一つ一つ加工するため量産に向かずさらに切り屑が生じます。金属加工では切り屑がケーブル状に長くなってしまい、加工機械や製品に絡みつき製品に傷をつけたり加工機械の故障に繋がります。、切り口が鋭いため作業員の怪我の恐れもあり、適宜除去しなければなりません。

除去作業のためには一時的に加工機械を止めなければならず、切削加工が止まると他の工程も止めなければなりません。除去作業が製造工程全体に影響し作業効率に悪影響を与えるのです。設計から加工までの時間は短いものの、いつ撤去をし、撤去に必要な時間がどのくらいなのか読み難く影響を事前に計りかねるため作業工程表の精度を上げることができず効率の悪化につながります。また、自動工作機械が普及する前は加工精度は作業工の技能によりバラつきがあったこともあり、連続して同じ原材料を切削すると摩擦熱で加工品が変形して精度が狂ってしまうしまう恐れがあるため大量生産には向かず、大量生産品の加工は原材料を溶かして型に流し込んで作る成形加工の方が有利なので成形加工の採用例が多いのです。

どの加工方法を採用するかは、原材料の種類(金属なのか、樹脂なのか)や必要とされる制度を加味して適切な方式を選ぶことになっています。切削加工の影響のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です