切削加工を行う場合の回避すべき影響について

高い精度の製品を切削加工するには、最適な環境が整っていることが重要です。業者によって加工精度にばらつきがあるのが現実なので、確かな実績のある業者を選ぶようにしましょう。この場合の最適な環境とはどういうことを意味するのでしょうか。切削加工はミクロ単位の加工のため、微妙な条件の差が出来を左右します。

温度・工具・速度・量など、細心の注意を払ってもまだ足りないほどの細やかな配慮が必要です。切削加工が回避すべき条件には、切削速度による影響があります。最適な速度の時の工具寿命に比べ、速度が増した時には寿命は短くなります。反対に低速にした場合も、寿命に悪影響があると予想されます。

送り量の大きさも影響があり、最適な値で加工しなければ製品の仕上げや工具寿命に関わってきます。送り量とは旋盤上の刃の移動距離(主軸1回転ごと)のことですが、送り量が大きければ精度や効率は上がりこれは良い作用です。送り量が小さければ工具寿命は激減してしまいます。切り込み量についても注意が必要で、切り込み量が大きければ効率は上がり、送り量の時と同様に工具寿命は短くなります。

熱や剛性も切削加工ではおさえておくべきポイントで、加工現場では熱変形を起こさない範囲の温度帯のキープが重要です。加工時間が長くなるとおのずと全体の温度は上昇し、加工物も熱を持ってしまいます。加工時間の短縮は必須であり、加工中の温度は常にチェックするようにしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です