切削加工の意味とは何か

切削加工(せっさくかこう)とは、工具を使用して金属などの材料を削る加工方法を意味するもので、一般的には工作機械を使う場合のことを指すと言えるでしょう。加工の種類としては、外側を削る「外形加工」や、内部を削る「内部加工」、そして「穴あけ加工」や「ネジ加工」などがあります。そして、この切削加工は、材料を固定した状態で工具のほうを回転させて加工することを意味する「転削」と、逆に材料のほうを回転させて加工する「旋削」の2つに大きく分けることができます。切削加工の転削で代表的なのは、フライス盤と呼ばれる切削工具を使う方法を意味する「フライス加工」であり、そのフライス加工には「汎用フライス」や「NCフライス」などの種類があります。

「汎用フライス」は、作業者が手動で操作するタイプであり、さまざまな加工条件を作業者が自分で設定しながら加工をしていくものです。そのため、手作りによる細かくて高品質な仕上がりにすることができます。そして「NCフライス」は、コンピュータ制御によって加工を行うもので、手動よりも効率的であることや、より複雑な加工ができることがメリットです。一方の、旋盤で代表的なのは、文字通りの「旋盤加工」と呼ばれるもので、こちらも手動による「汎用旋盤」と、コンピュータ制御による「NC旋盤」があります。

「汎用旋盤」は、作業者の経験や技術力が頼りになるケースもありますが、「NC旋盤」は初心者でもある程度の品質のものを作ることが可能です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です