切削加工の意味をご紹介します

切削加工の意味について、金属材料をバイトやフライス・ドリルなど工具を使って、切ったり削ったりしながら形状を加工する方法です。金属加工によく利用されていますが、木材加工やプラスチックなど多様な作業において一般的な加工方法として知られています。大工がかんなやのみを使って木材を切ったり削るのも切削加工で、木材を加工するという意味になります。大工の場合人力によるものですが、一般的な意味として専用工作機とさまざまな種類の専用工具を使って行われます。

金属材料の加工において、1個の加工について時間を要することが負いです。大量生産するために多少時間がかかることもあるでしょう。材料を切削しながら作り上げていくので、仕上がりが丁寧になります。いろいろな形状のものに対応することができ、複雑な形状のものも作ることが可能です。

出来上がった製品の精度は非常に高く、中にはコンピュータで数値制御しながら加工が行えるNC加工技術があるので、プログラムするだけで好きな形状に加工することができます。複雑な部品が必要なコンピュータなどのパーツを製造する場合、切削加工が多く用いられています。人件費の削減や効率的に切削できるので、大量生産やコスト削減にも貢献することが可能です。切削加工では材料を回転させ、刃物を固定し加工するもの旋盤加工や、材料を固定して刃物を回転し加工するものフライス盤があります。

フライス盤の場合刃物が回転するので、切削工具の動かし方によってどのような形状でも加工できます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です