切削加工の意味を理解する

日本は古代から資源が乏しく、農耕に適した平野が少ない環境でした。そのため、日本人はモノを作ることに知恵と労力を用いてきたのです。日本各地に伝統工芸がありますし、モノづくりとして世界でも有名になっています。手先が器用なのは歴史が育んできたものであり、代々引き継がれてきたのです。

金属加工は比較的現代の技術かもしれませんが、手先が器用な日本人は多くのモノを作っています。金属加工の中で切削加工というものがありますが、塑性加工とどのように違うのでしょうか。切削加工の意味は、道具を使って金属を削って加工することです。例えば、金属の板を加工する場合、固定してからドリルで穴を開けます。

そのような作業は切削加工になりますし、逆に道具は固定で加工したい金属を動かす場合もあるのです。塑性加工になりますと、力をいれて形を変えますので意味が変わってきてしまいます。最近では、コンピューター制御の切削加工が主流になってきていますので、職人の高齢化や技術の継承の問題が解消されてきています。それでも、職人技と言われるモノは無くなりませんし、世界に通用するものを作りたいと考えているなら人間の感覚がどうしても必要になるのです。

切削加工の意味を理解すると、金属加工の奥の深さを理解することが出来ますし、興味がわいてくることでしょう。日本人が引き継いできた技術は優れたものですから、これを守ることは大事でありそうする価値があるのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です