切削加工の影響は何ですか

切削加工とは機械を使って金属などを削ったり穴を開けたりする技術を指しますが、現在は切削加工の技術が進歩してミクロ単位の加工も行うことが可能です。しかし温度や工具などの条件により製品状態に大きな差が出ることもあり、切削加工を行う業者は細心の注意を払い工具や作業環境のメンテナンスをする必要があります。切削速度による影響は速度の違いで工具の寿命が変化し、切削速度を上げると切削時の温度も上昇することが原因です。切削速度を2割上げると工具の寿命は半分になり、速度を5割アップなら工具の寿命が5分の1までに下がります。

反対に20~40m/秒程度の低速の切削速度の場合はびびりを発生しかねないので、この時も工具の寿命に影響を与えてしまいます。送り量とは旋盤での主軸1回転ごとの刃の移動距離で、単位はmm/revで表します。この送り量の大きさも工具の寿命や製品の仕上げに影響します。送り量が大きいなら加工能率や精度が上昇しますが、切削温度が上がれば逃げ面摩耗も大きくなり、工具の寿命への影響は小さくなります。

逆に送り量が小さい場合は逃げ面摩耗が大きくなるので工具の寿命が激減します。旋盤で切削加工をする時に刃が当たる素材の面積のことを切り込み量と言いますが、切り込み量が大きくなれば加工効率が上がりますが、刃の温度が上昇するので加工面が荒くなったり、工具の刃にダメージを与えやすくなります。切り込み量を調整しながら最適な値を見つけることをおすすめします。切削加工では熱や剛性などの影響にも注意してください。

切削加工の影響のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です