切削加工で考えられる影響とは

切削加工は製造工程において欠かせない加工方法ですが、様々な影響を受けて精度が落ちてしまうことがあります。切削加工にはどのような影響があるのか事前に知識を得ておくことで、精度が落ちるのを防ぐことができるので必ず実践するようにしましょう。最も影響を及ぼしやすいと切削加工において言われているのが、振動によるものです。加工するために工具を素材に当てる必要がありますが、この際に急速で振動が発生するため素材や工具がブレてしまい出来上がりの精度が落ちてしまいます。

これを防ぐには加工時に使用する工具の振動速度を適切なものに抑えることです。高速になればなるほど振動は発生してしまいますから、必要最低限の速度に抑えることで精度の低下を免れることができます。もう一つは加工する際に素材をしっかりと押さえておくことです。切削加工をする際は工具の振動の影響を受けて、素材もずれたり動いたりしてしまいます。

手で押さえているのではどうしてもズレが生じてしまうため、クランプなどの専用のツールを使って確実に固定するようにしましょう。これだけでも工具の振動によるズレが発生しなくなり、製品の精度を高めることができます。意外と忘れられがちなのが、切削加工の際に発生する熱もまた精度に影響をするということです。高速で動くことから当然ながら摩擦熱が大量に発生し、通常では考えられないような状況が発生します。

このような場合にはオイルや水などを適切に使用し、熱の発生を抑えるようにしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です