切削加工における刃物への影響

切削加工は刃物管理が重要で、これを怠ると加工品質が安定しません。まずは、切削加工は金属よりも固い金属でできた刃物を接触させて加工することにより、刃先に熱がたまります。アルミ材など熱で溶けやすい材質は切削加工中に刃物にアルミが溶着して刃先の鋭利さの性質が損なわれます。これにより、切れ味が悪くなり加工面粗さが悪くなったり、狙いの寸法通りに加工することが困難になるのです。

熱の影響を回避するために、加工中に冷却をします。具体的にはクーラントと呼ばれる切削の専用の液体で冷やすのです。刃先に直接あてることが重要で、高圧の装置を搭載したり、刃物にセンタースルーといって、冷却水が通る通路を持ったものを利用することで最小限に熱を抑えることができます。つぎに、加工材質と親和性の悪い刃物材質を使うことです。

刃物にくっつきにくい金属の特性を持つ刃物を選択することで、刃先に不純物が付着することがなく、切れ味が悪くなる影響を受けないのです。刃先が劣化してくると刃研を行います。刃物を研いで新しい切れ刃を作るのです。これには寿命管理が重要で必要なタイミングで刃研ができるように、管理する必要があります。

刃物についてはいろいろなメーカーが特徴あるものを販売しているので、相談することでコンサルティングを実施してくれます。展示会などでサンプル加工をしてもらったりして実際に影響を確認することも可能です。いろいろと比較検討することが重要となります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です