切削加工の加工種類とそれぞれの意味

切削加工の意味には、工作物を削ることと穴やねじ穴をあけること、表面を仕上げることや完全な平面を作るなどの4つに分けることができます。ただ、工作物を削るといった部分においては切削加工の加工種類により、いくつかのやり方が存在しており、それを理解する上で重要なことは加工法の種類にはどのようなやり方があるのか、それぞれの意味を理解することにあります。切削加工の加工法の種類は、旋盤加工をはじめフライス加工や穴あけ加工、研削加工やきさげ加工の5種類が存在ます。それぞれに意味があるため、種類を覚えるだけでなく各加工法の種類の特徴を掴むことが大切です。

切削加工では、工作物を回転させて丸形状に削る加工法で、フライス加工は工具を回転させて工作物を角形状に削るなどの違いがあります。ここで注意しておくべき点は、旋盤加工は工作物そのものが回転して丸形状に削るのに対し、フライス過去では工作物ではく工具が回転して角形状に削るなどの違いがある点です。一見、丸形状にするのかそれとも角形状にするのか、このような違いを中心に考えがちですが、工作物が回転するのかそれとも工具が回転するのかなどの大きな違いがあることを理解しましょう。なお、フライス加工はマシニングセンターと呼ぶ機械もあり、これを使うことで全自動化を図れるため作業効率を大幅に改善ができると同時に生産数が多いモノづくりでも適用できる、様々な工具を使い分けられるため一気に完成させることも可能です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です