切削加工の意味と加工法の種類

切削加工とはどのような意味を持つ加工なのか、意味を調べるとそこには金属材料を各種旋盤を使い切削して所定の形状や寸法に加工することとあります。ただ、切削加工では金属材料だけでなく樹脂や木材など幅広い材料を対象にしている加工手法であり、金属や樹脂などは主に身の回りにある製品の中で利用されるもので、木材においては彫刻と同等の分類になるなどの特徴があるようです。従来、仏像を作るときには職人さんが彫刻刀などの工具を使い削り一つの作品を作り出していたわけですが、旋盤と呼ぶ機械を使い対象物を回転している刃に押し当てたり、回転している機械に対象物を押し当てながら切削加工を施すやり方があり機械を使うことからも手作業で彫刻刀などで削るよりも正確であると同時に短時間に製作物を完成できるメリットもあります。なお、切削の意味の中にはモノを削り形を作る、もしくは所定の寸法にするなどがあるのですが、切削加工は削るだけでなく穴をあけることも含まれます。

例えば、穴あけ加工も切削の一つになるものですが、これは対象物に穴もしくはねじ穴をつくるときに行う加工方法になります。削りながらねじを通すための穴を作る、単なる穴だけなくねじ切りを持つ穴をあけてねじを固定できるようにするなど、これも一つの切削加工の一つです。形状に応じて加工手法が異なるのも特徴で、丸形状のものをつくるときには旋盤加工で角形状のものを作るときにはフライス加工です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です