切削加工にはどのような問題があるのか

製品を作るためには、様々な加工が行われますが切削加工も多くの場面で採用されている方法です。切削加工は、その名前の通りに素材を削りとり形を整えて製品を作る方法です。素材そのものを回転させて機械で削る方法もありますし、逆に素材は動かさずに機械を回転させて削る方法もあります。このほかには、穴を開ける加工方法もあり、作る製品に合わせて最適な方法が選ばれています。

金属からプラスチックまで様々な素材に対応できる方法で、しかも金型の作成が必要ないというメリットがあります。それゆえ、納期を短縮できる効果も期待できます。切削加工には多くのメリットもありますが、どのような加工方法にもメリットとデメリットがあります。メリットも多い加工方法ですが、こうした方法には何か問題点やデメリットがないのかも知っておきたいところです。

まず、切削加工での問題点としては、素材を削り取るときに多くの切り屑ができるということがあげられます。発生した切り屑はリサイクルに回せるものもありますが、使うことなくムダになってしまうものもあります。さらに、素材を削りながら加工していくので、一つの製品を作るのにはそれなりの時間も必要です。それゆえ、大量生産には不向きであるという問題点もあります。

コストの面でも割高になることも、切削加工の問題点です。大量生産をしたい商品の場合は、金型の作成には手間とコストがかかるものの射出成形のほうが向いているといえます。切削加工の問題のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です