切削加工の問題を理解して対処する

ネジを作る場合、単刃で削るだけで簡単に出来てしまいます。では、切削加工を行う上でどのような問題が生じるのでしょうか。一口にネジと言っても様々なサイズがありますし、使う素材も異なってきます。問題となるのは、完成後にスムーズに検査ができるかどうかという事です。

ネジなどの部品を作ったら必ず検査が必要になります。大きさや長さ、重さなど基準に達していないと出荷できません。そのため、完成後の検査は非常に重要であり不良品を出さないことは信用につながります。ネジのような単純なモノであれば、長さを測るだけでことは足ります。

しかし、切削加工で作られた複雑なパーツの場合、検査ができるかどうかは大事になるのです。つまり、部品の設計の段階で検査のことまで考える必要があるという事です。検査が出来ない、もしくは手間がかかるようではコストがかかってしまいますので価格も高くなってしまいます。切削加工の別の問題として考えるのは、加工しにくい素材を選んでしまった場合です。

金属にもいろいろな種類がありますので、加工が難しいものがあります。固くて削りにくいものは時間がかかりますし、不良品が出る確率が高くなります。まとめてみますと、問題となるのは検査がスムーズにできるかどうかという点と素材をどうするかという点です。クライアントから注文が来た時に、どれほどの手間がかかるかを見極めるのは非常に大事です。

そうすることで、問題を最小限に抑えることが出来ます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です