切削加工の様々なメリットと問題について

切削加工には金属や木材などの素材から、効率的に複雑な形状を得ることができるというメリットがあります。コンピュータが数値制御を行うタイプの機械を使えば、プログラムするだけで加工が可能です。簡単に複雑な形状の製品を作ることができるため、製造業の現場では切削加工が広く行われています。手動で加工条件を制御するタイプの機械もあり、スタッフの熟練度によっては非常に精緻な製品を製造することも可能です。

状況に応じて様々な機械を使い分ければ、顧客が求める製品を効率的に製造できます。切削加工の大きな問題は、スタッフが技術的に習熟するまで時間がかかるという点にあります。汎用フライスや汎用旋盤はスタッフが手動で操作するため、様々な加工条件を自ら設定しなければなりません。製品の仕上がりはスタッフの熟練度によって左右され、1個の製品が完成するまでに時間がかかります。

切削加工は金属などの素材を削って目的の形状を得ますが、手動で機械を操作する場合には削り過ぎによる材料の無駄が多くなるという問題も存在します。コンピュータが内蔵されており加工条件を自動的に制御するNCフライスやNC旋盤を使えば、様々な問題を解決できます。例えばNCフライスは3DCAD/CAMソフトウェアの加工プログラムで制御するため、非常に複雑な形状の加工も迅速に行えます。NC旋盤には複数の工具を自動的に交換可能なものもあり、作業を大幅に効率化できます。

コンピュータが数値制御を行うタイプの機械を使えば、スタッフの熟練度に関わらず効率的な切削加工が可能で材料の無駄も抑えられます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です