切削加工の定義を理解するコツ

切削加工の定義は非常にその範囲が広く、様々な知識を得なければこれを語ることができないと考えている人も少なくありません。実際に対外的に切削加工の定義を紹介しようとした場合には、どのような加工方法から説明をすれば良いか分からないことも多いものです。旋盤を利用し材料を回転させて外部を削り落とす旋盤加工もこの範疇に含まれますし、ドリルで穴あけをする行為もこの範疇に含まれます。また丸い棒からレジを作り出す加工も材料を削ると言う意味では切削加工に含まれるため、これらを全て簡単に語る事は非常に難しいものとなっています。

これらを一般の人にもわかりやすく説明するためには、それぞれの加工方法の共通点を語ることが重要です。旋盤加工もドリルでの穴あけも、あるいはネジを作る行為も全て道具を利用して材料を削る作業が中心となります。材料を削る加工方法が全て切削加工に含まれるものと定義されており、実際にはその他にも様々な方法があることを推測できるような説明を行わなければなりません。近年では一般的に利用される方法で、特殊なドリルを利用しながら表面の1部に溝を作るルーター加工も一般的となってきました。

また旋盤の世界ではコンピューターを利用してあらかじめその加工方法をプログラミングし、これに従って自動的に旋盤が材料を加工するNC加工も一般的な手法となっています。そのため、切削加工を行うには様々な技術が必要になるものとなっており、これらを総合的に駆使することが重要なポイントです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です