切削加工の定義は非常に幅広いことがポイント

切削加工に定義されるものには様々な加工方法があり、そのためにその分類をすることが難しいと言うことも少なくありません。手作業で表面を削り落とし加工する方法もその範疇に含まれ、その一方で大胆に工作機械を用いて形を生み出すものもその1部に定義されています。しかしそのための技術はそれぞれ異なるため、単純に切削加工を依頼する場合には、その技術の内容を十分に理解し、求める加工方法に熟達したところを選ぶことが良い製品を生み出すために重要なポイントとなっています。切削加工に定義される方法の中には、様々な技術を必要とするものも少なくありません。

近年ではコンピューター制御により非常に高度な加工技術を駆使することができる装置も多数開発されていますが、最終的には職人の経験とカンに頼っている部分も多いのが実態です。特に日本の町工場の場合には数ミクロンといった実際には測定することが非常に困難なレベルまで職人の経験とカンで再現することができるところが多く、これが世界中から高い評価を受けているものとなっています。自動車レースの最高峰であるF1のレーシングカーのエンジンの部品が、日本の町工場で製造されている事は非常に有名な話です。これは、世界の中で必要とされる高度な製造技術を持っているところがその日本の町工場であることが高く評価された結果であり、またその精度が高いレベルで維持されていることもその評価を高める要因となっています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です