切削加工には様々な種類があります

切削加工は単刃工具や多刃工具を使う種類があり、旋削加工(ターニング)やフライス加工(ミーリング)などがあります。穴あけ加工(ドリリング)もあり、単刃工具や多刃工具は切削作業をする道具です。様々な種類がありそれぞれの方法に合った工具を使い、スムーズに切削加工を行うことができます。旋削加工(ターニング)は素材をマシンで回転させ、回転させた素材に対して切削工具をあてて削る方法です。

使う道具は旋盤という素材を固定しながら回転させる機械や、素材を削るバイトを使って加工します。フライス加工(ミーリング)は旋削加工と違って、刃の方を回転させ加工する方法です。旋削加工は丸い素材を扱い、フライス加工は四角の素材担当になるでしょう。材料が固定されたテーブルに回転中の刃を動かし、滑らせながら素材を削ります。

金属を簡単に切削加工することができ、フライス加工の場合フライス盤など多刃工具を利用します。フライス盤は正面フライスや平フライス、エンドミルなどのいろいろな種類があります。穴あけ加工(ドリリング)の場合、工具を回転させながら穴をあける加工です。使用される工具としてテーブルの役割になるボール盤や、穴をあけるドリルがあります。

穴をあけた後穴の精度を整え表面を美しくするリーマという工具もあります。切削油は加工する部分をスムーズにしたり、素材の冷却や金属を削った後切りくずが残らないようすることが可能です。余ったエンジンオイルなども使われることがあり、スポイトで塗りつけるより筆やはけによってドリルに塗った方が便利です。切削加工の種類のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です