切削加工とは何ですか

切削加工とは工具を使用して金属などの材料を削ったり穴を開けたりする加工技術のことを言いますが、JISにおいてもその定義を何とは定めていません。この加工の際に旋盤やフライス盤、マシニングセンタ、ボール盤などによる加工が代表的で、この加工方法とは一般的なもので、特殊なものではありません。このほかに鋳造や鍛造、射出成形の方法がありますが、これらに比べると切削加工はより高い精度を得ることができる方法であり、金型などが不必要なので多品種の少量生産にも対応できるメリットがあります。切削工具の材質は低価格な高速度鋼から高価格であるダイヤモンドまで幅広く用意され、大抵の材料の加工は可能なので応用範囲が広いです。

切削加工は精度や表面粗さの調整が比較的自由にでき必要な部分は精度を高め、そうでない部分は荒く削るということができます。金型が不要なことは初期投資が少なくて済み、製作個数が1個でも大量でも、その費用はほぼ製作個数に比例します。工作物を加熱する必要がないので、切削加工は加熱に関したことに投資する必要がなく経費が抑えられ、除去加工のなかでは経済的で精度とのバランスがとれたものだと言えます。反対に切削加工のデメリットは切りくずが出るのを避けることができず、出た切りくずの処理も厄介なだけでなく歩留まり悪化にも繋がってしまいます。

また形状によっては作成できないものがあったり、材料によっても仕上がりがうまくいかないことも留意したいものです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です