製造業に欠かせない切削加工とは

切削加工は普段の生活ではあまり馴染みのない言葉かもしれません。私たちの生活は多種多様な製品によって支えられています。目に見えるものはもちろん、電化製品といった機械の内部には小さなネジをはじめさまざまな部品からできています。その部品一つひとつにも材料や製造工程があって生み出されているのです。

切削加工とは材料となる金属やプラスチックなどの加工法のひとつで、一般的に専用の機械や工具を用いて対象物を削って加工します。簡単に表現すると鉛筆削りをイメージしてもらうと良いかもしれません。加工法には旋削加工・フライス加工・穴あけ加工といった種類があります。旋削加工では旋盤という機械を用いて素材を回転させ、バイトという工具で対象物を削ります。

フライス加工では逆に素材は固定して、刃の方を回転させて削ります。穴あけ加工ではドリルやリーマといった工具を回転させて、対象物に穴を開けていきます。切削加工のメリットとは、プラスチックのような素材から硬い金属までさまざまな素材の加工が可能です。加工精度が高く精密さが必要とされる機械の部品などにも採用されており、複雑な形状にも対応します。

射出成形のように金型を必要としないため初期投資にかかるコストが抑えられるといった特徴もあります。身の回りでは多くのものづくりにおいて取り入れられており、自動車の部品などがつくられています。切削加工とはものづくりの基本であり、素晴らしい技術なのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です