切削加工にはいくつか特徴があります

切削加工には特徴があり、金属加工する時刃が素材にあたることによって、お互いが摩擦し合い抵抗力が生じます。抵抗力の大きさの特徴として、素材の種類や面積などよって変わったり、工具と素材などの相性が合わないと、品質が悪くなることが多いです。耐久性が落ちるなど製品や工具などに悪影響が出るので、抵抗力を軽減するため素材の特徴や適切な速度など把握しながら、抵抗力へ配慮しなければいけません。耐熱性も大事で、素材を削る時工具と素材が激しくぶつかるので素材や工具に熱変形を起こすケースがあります。

熱変形は面積が大きく削る速度が速いと、摩擦が激しくなり生じやすくなるでしょう。長時間の作業によって機材が熱に耐えられないこともあり、休憩しながら工具や素材を冷まして作業することをおすすめします。切削加工には速度も大事で、回転速度を上げると当然加工速度も速くなりますが、無理に上げると悪影響を及ぼします。回転速度は工具と素材に合った速度があり、急ぐと加工精度が落ちるケースが多いです。

マシンに頼ったスピードアップより、加工技術を上げながら作業効率を向上することが求められます。切削加工をする際怪我には注意が必要で、素材を切ったり削る作業には注意が必要です。加工現場では気の緩みなどによって、トラブルに繋がってしまうケースもあります。保護眼鏡をかけるなど安全マニュアルを守り、安全に気を付けながら加工作業をすることが大切です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です