切削加工の方式や技術ごとに特徴を理解する

一口に切削加工といっても様々な方式があり、さらにその方式の中にも多種多様な技術があります。まず方式には、転削と旋削の2つに大きく分類することが可能です。まず転削とは、加工したい工作物を固定した上で、回転状態の工具を当てながら加工する方式を指します。この方式を代表する技術として、フライス加工を挙げることができます。

フライス加工ではフライス盤と呼ばれる切削工具を回転させながら、固定した工作物を断続的に目的の形状へ切削していきます。細かい動きが可能なので、平面や曲面に加工したり、穴開けやみぞ削りなど、多種多様な形状に切削加工出来る点に特徴があります。さらにフライス加工の中では、汎用フライスやNCフライスという技術に分類することができます。前者の汎用フライスは、オペレーターが手動で操作するのが大きな特徴。

熟練の技術や豊富な経験が必要になる反面、精巧で高品質そしてオリジナル性の高い仕上がりを実現します。後者のNCフライスとは、コンピュータ制御による切削加工を指します。あらかじめ必要なデータを入力しておくと、機械に内蔵された加工プログラムが反応して自動運転を行い、目的の形状へ仕上げていきます。作業の省力化に加え、複雑な形状の加工も容易という点に、大きなメリットがあります。

2つめの方式である旋削では、バイトと呼ばれる刃物状の工具を主軸に固定し、そこへ円筒形状の工作物を回転させながら当てて旋削加工します。この方式では工作物の外周を円形や先細形状にしたり、穴あけやネジ切り、あるいは溝に沿って切断するトツ切りなど、円筒形状を活かした加工に特徴があります。また旋削においても、さらに汎用旋盤やNC旋盤という加工技術に分けることができます。前者はオペレーターが手動で旋盤加工するので、微小な部品加工には最適です。

他方で後者はコンピュータ制御によるもので、工具の自動交換も可能。作業の効率化に優れます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です