切削加工の技術を知るには分かりやすい事例があります

切削加工機というものがあり、金属加工や木工加工など複数の材料を用いて加工を施す機器として使われています。事例で多いものは、金属を材料にしたパーツ類を上げることができ、規格外の専用のボルトやネジ、固定金具など市販されていない規格のパーツを作り出していることは非常に多い傾向にあります。分かりやすい事例の中には、バリアフリーで欠かせない手摺りがありますが、この手摺りの両サイドには壁面へと固定する金属パーツが使われていることは多くの方が見たことがあるものです。このパーツは手摺りの木材のサイズに合わせてジョイントできるように施している他、壁面へと固定する台座部分にはネジ用の穴を開けていることが一般的です。

金型などを用いて溶かした金属を流し込む技術もありますが、切削加工機の場合は切断や穴開け、溝堀やくり抜きなど非常に細かい設計でも問題なく対応できるので、金型では無理な加工法を可能にしていることは特徴です。手摺り用の金具でも金属材料に対して手摺り部分の形状に合わせてくり抜きを行い、同時に固定用の穴開け加工を施していることから、他の技術では難しい範囲も難なくクリアしています。切削加工機で製造される商品の事例には、木材を使ったアイテムもあり、分かりやすい商品では玄関ドアを上げることができます。木製の玄関ドアで洋風スタイルのタイプの場合では、直線と曲面で装飾を施しているドアが採用されています。

左右対称に溝彫り加工を行うのですが、どのような複雑なデザインであっても精密に溝彫りを自動運転させることができ、ドアノブを設置する場所には穴開けも同時に行えるので大量生産を目的にしても狂いを生じさせないことも魅力です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です